訪問看護をご希望の方へ

訪問看護ステーション
それいゆについて

桜蘭会訪問看護部長のイメージ

思いに寄り添いその人らしい生活を

訪問看護・訪問リハビリとは?

訪問看護とは、病気や障害のある方がご家庭で看護を受けながら安心して暮らすことができるよう、療養生活を支援するサービスのことです。


「安心して自宅や施設で暮らしたい」。このような患者様の願いを叶えるために、訪問看護ステーションそれいゆの看護師チームが患者さまのご自宅に訪問し、専門的な目で看護ケア・アドバイスなどを行います。


7月17日現在 在籍人数

  • 訪問看護師 : 7名(うち非常勤2名)
  • 理学療法士 : 非常勤4名
  • 作業療法士 : 非常勤:3名

ご利用の対象となる方

対象となる方は、主治医が訪問看護・訪問リハビリテーションを必要と認めた方で、病気により寝たきりになった方、病気や障害を持ち療養しながら自宅で生活されている方などさまざまで、医療保険、介護保険(要介護度でいうと要支援から要介護5まで)と幅広く対象となります。


  • 処方されている薬が多く、服薬が大変になっている方
  • 現在入院中で、退院後はご自宅での療養を望んでいる方
  • 脳梗塞・脳出血の後遺症の方
  • 褥瘡(床ずれ)等があり処置が必要な方
  • パーキンソン病など神経難病の方
  • 在宅酸素をご利用の方
  • 人工肛門・人工膀胱の定期的な処置が必要な方
  • 末期癌の方
  • ご病気を治療しながら、最期まで住み慣れたご自宅で過ごされたい方

対象となるか不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

サービス内容について

訪問看護では、下記のようなお悩みに対応しております。なお、疾患の種類や症状、状態などにより、介護保険や医療保険の適用が認められます。


保険適用外のケースでご利用いただく場合は、自費でのお支払いとなります。

  • 療養する際に必要なお世話

    洗髪、入浴介助、身体の清拭、食事や排泄などを介助・指導いたします。

  • 病状について観察

    病気(障害)の状態(血圧・体温・脈拍など)をチェックします。

  • ターミナルケアにも対応

    がんの末期、終末期などの患者様がご自宅で過ごせるようお手伝いします。

  • リハビリテーションを実施

    専門家が、機能の回復や拘縮予防、嚥下機能の訓練などを行います。

  • ご家族の皆様への介護支援

    介護の具体的な方法について指導し、ご相談にも対応します。

  • 医師の指示に基づいた
    医療処置

    主治医の指示に基づき、適切な医療処置を行います。

  • 床ずれの予防、
    および手当て

    床ずれを防止するための工夫や、床ずれの処置を行います。

  • 認知症のケア

    事故防止のためのアドバイスを行い、認知症介護に関するお悩みのご相談にのります。

  • 予防のためのアドバイス

    栄養不足や運動機能の低下を予防するために、アドバイスいたします。

訪問看護の
お問い合わせ

訪問看護ステーション それいゆ

TEL : 022-302-4752

受付時間 : 月〜金曜日 8:30〜17:30